冷蔵保存された高品質な無農薬大豆で安心・安全な大豆販売の株式会社ラクトザイム

大豆を購入する

▼ こちらからもどうぞ ▼
Yahoo店

平成30年度産大豆入荷しました!全国どこでも6000円から送料無料!

北海道の山々と大豆畑

大豆写真集その31(2013年10月4日)

10月の赤間農場


大豆写真集29と30のキャプションも付けられないまま、10月の赤間農場の写真を撮ってきました。
 北国の秋は早いのですが、士幌はまだまだ半袖でいられる気温でした。

      (画像をクリックすると大きめに拡大して見られますが、転用はご遠慮下さい)

赤間農場 無農薬大豆


【左】 青空ではないのですが、空気が澄んでいて気持ちの良い日です。
【右】 雨の季節を乗り切り、金時豆はすでに刈り取り寸前でした。
 

赤間農場 無農薬大豆


【左・右】 金時はサヤが長~いので、収穫時はこんな感じです。  

赤間農場 無農薬大豆


【左】 金時豆です。私の手相など見ないで下さいね。
【右】 向かって右側が金時豆の圃場(ほじょう)、左が緑豆です。この季節になると豆の違いが歴然としてきます。 

赤間農場 無農薬大豆


【左】緑豆はこんな感じです。もともと枝豆用の大豆なのですが、糖度が高いので甘くて美味しい大豆です。糖度が高いので味噌作りにも向いているとのことです。
 来年は緑豆の販売も予定しています。
【右】サヤを割ったところです。
 まだ完熟していませんので、これより少し小さくなります。また、実が詰まった今からが、虫との闘いの日々になるのです。
 甘い緑大豆は、他の白大豆や黒大豆よりも虫の標的になりやすいので、一般的に収量が他の大豆より少なくなります。虫にいっぱい食べられてしまう、ということです。
 無農薬なのでなおさらですね。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 向かって右が緑大豆、境目の左が一番多く栽培している白大豆、トヨマサリです。
【右】 比較的、密に植えているのですが、いろいろなノウハウによって、普通以上に多く収穫できるようになっています。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 今年は三つ玉も多く、イイ感じにできあがりました。雨が多かった5月の豆まきのタイミングを逃し、  今年は大豆の栽培を諦めた農家もあったそうです。
【右】 綺麗に三つ玉が入っていますが、熟すともう少し小さくなります。 
 くれぐれも手相など見ないで下さい(笑)。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 一面に広がっているのは、ほとんどトヨマサリに見えますが、向こう側は十勝黒(黒大豆)です。
【右】 こうやって、境目に立たないと品種の違いは分かりませんね。向かって左側が黒大豆です。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 近づいてみれば、何となく黒大豆が入っていそうに見えます。
【右】 割ってみれば一目瞭然。黒大豆は一番玉が大きい豆です。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 3種類の豆を比較してみました。特に見栄えの良いサヤを選んだわけでなく、どれもだいたいこんな感じです。この豆たちが来年販売するマメということになります。
【右】 数日前に大風が吹いたようですが、ナナメになってもしっかり踏ん張ってくれてます。


赤間農場 無農薬大豆


【左】 赤間農場の自家用に栽培しているトマトですが、食べきれないので持って行ってほしいと言われましたが、重くて持ち帰れませんでした。数個いただいたのですが美味そのものでした。
【右】 これ、何だと思いますか?
    ゴーヤかと思いきや、実は収穫せずに放置していたキュウリです。結局畑の肥料となってしまうのでしょう。 


赤間農場 無農薬大豆


【左】 こちらも収穫時期が過ぎ、忘れられたスイカです。
 叩くといい音がするので、小さくても美味しいのだそうです。
【右】 帯広へ行くついでに、厚岸(あっけし)の牡蠣祭りに足を延ばしてみました。
 ここでは年に2回、大きな牡蠣祭りがあるのですが、いつも池田町のワイン祭りと重なってしまうため、行けなかった場所です。私も牡蠣は大好きなので、今回は是非と思い行ってみました。



赤間農場 無農薬大豆


【左】 子野日講演と言う公園が会場です。
【右】 特大の牡蠣が、1個180円でした。し・・・信じられない値段です。現地で食べることもできます。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 今回も旭川空港アウトの旅程のため、士幌の北西にある糠平湖を経由して旭川に向かいます。
 夕暮れ時に湖を撮るのは難しいのですが、色々と設定を変えて試してみました。このページには画質を落として載せていますので、拡大クリックしてもあまり細部は見えないかもしれません。ただの自己満足です。
【右】 糠平湖周辺の北海道(十勝?)遺産の士幌線、廃線跡です。
 もう少し秋が深まると、廃線とのコントラストが最高になります。と、感じるのは私だけでしょう。
 

赤間農場 無農薬大豆


【左】 糠平から旭川に抜ける国道の上で、ここ十勝三股の景色が一番好きです。道路左右の白樺が見事です。
【右】 大雪山に近づくと標高が上がり、紅葉が進みます。10月初旬でこれくらいですから、10月下旬には見事に赤と黄色の世界になっているのでしょう。 

赤間農場 無農薬大豆


【左】 現在公開中の映画、渡辺謙主演の『許されざる者』のロケ地が、旭川へ行く途中にあります。
 昨年暮れのロケでしたので、現在残っているのは、この小さな橋とカンバンだけです。
 でも、映画を見た方でしたら、いろいろなシーンがよみがえってくるでしょう。
【右】 説明用の看板です。結構観光客もいました。

赤間農場 無農薬大豆


【左】 十勝駅のそばに、『許されざる者』ロケ隊お勧めのラーメン屋があるというので行ってみました。
 スタッフのイチオシは特みそラーメンですが、残念ながら札幌育ちの私の口にはちょっと合いませんでした。ごめんなさい。
 1カ月前に、同じ系列のお店が旭川にもあり、そこでは渡辺謙お勧めのハーフラーメン(塩/しょうゆ)を食べてみましたが、それも私には合いませんでした。ごめんなさい。
【右】 これが特みそラーメン。
 ご興味がある方は是非、行ってみて下さい。

 平成25年度産の無農薬大豆の出荷は、2014年1月の中旬頃になると思われます。
 ご注文予定の方は、早めにご予約下さい。

 無農薬大豆のご注文は、本HPの販売ページから、メールでお願い致します。

     次回は2013年12月初旬の写真を大豆写真集32で公開予定です。

収穫風景
無農薬大豆