冷蔵保存された高品質な無農薬大豆で安心・安全な大豆販売の株式会社ラクトザイム

大豆を購入する

▼ こちらからもどうぞ ▼
Yahoo店

【令和3年度産 新大豆販売に関するお知らせ】

令和3年度産の無農薬大豆につきまして、諸事情により本年度は1Kg単位での手選別・小分けによる大豆販売は行わない事となりました。
現在、在庫している令和2年度産の無農薬大豆につきましては、在庫が有る限り1Kg単位での手選別・小分けによる販売は行いますが、在庫がなくなり次第、終了とさせていただきます。
なお、令和3年度産の無農薬大豆につきましても、30Kg単位での無選別販売は行う予定ですが、これまで発送業者としてお願いしてきたヤマト運輸が、
30Kgでの大豆輸送を受けない方針となってしまったため、新たに佐川運輸での発送となります。
このため、送料が高騰し現在の送料無料での発送ができなくなりました。
令和3年度産無農薬大豆30Kgの価格、及び送料につきましては、後日準備が整い次第お知らせいたします。
皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。

北海道の山々と大豆畑

2018年10月の大豆(大豆写真集42)

収穫中の2018年度産・とよまさりです

黄色い枠の写真 は、クリックすると大きなサイズの写真が表示されますが、転用はご遠慮ください。

【左】2018年も台風に翻弄された年でしたが、今回も台風24号が北海道の南岸を通過する予定なので、すこしだけ早めに収穫を開始しました。
【右】ほぼ8割の面積の刈り取りが終わった状態で到着したので写真がとれないのでは、と焦りましたが、少しだけ収穫前の大豆が残っていました。 三ツ玉のさやも多く、例年並みの収量が期待できそうです。

【左】我ながら・・というナイスショットが撮れました。一昔前に比べると若干小ぶりなのは否めませんが、綺麗な三ツ玉大豆です。
【右】離れて見ると、枯れている様にしか見えませんが、私には大地の栄養をすべて実に溜め込んだ、頼もしい大豆に見えます。

【左】幸い、今年も害虫に食われることなく収穫を迎えることができました。
【右】大豆が詰まっているので重そうです。

【左】この機械でサヤと大豆を分離します。
【右】収穫した大豆を茎やサヤごと入れていくと、見事に大豆だけ分けられてでてきます。

【左】振り分けられたサヤのみの部分です。
【右】穴の空いたメッシュ部分から大豆のみが下に落ちる仕組みになっています。もちろん、この後で専門の業者によって大きさごとに等級分けが行われ、袋詰めされます。

【左】処理を見守る栽培管理者の鎌田さんです。ここまでくれば一安心です。
【右】中札内の夕暮れ、台風24号が近づいているのでスカッとしませんが、早めに収穫して正解かと思います。

収穫が無事終わり、後は選別と倉庫入れになりますが、収穫の秋と言われるほど、この時期は穀物の処理量が多くなるため、業者も順番待ちになるうえ、大口の業者さんから先に処理が行われます。当社の大豆の選別が終わり、一旦中札内の倉庫に入ったのちに、埼玉の冷蔵倉庫に移すことになります。 たぶん、11月の初旬から中旬には2018年度産の新大豆が販売可能になると思われますが、お味噌の仕込みには間に合うでしょうか。出荷時期は改めてお知らせいたします。

収穫風景
無農薬大豆